さ行(110語)

「さ」
「し」
「す」
「せ」
「そ」


[さ]
 (何々)に。(何々)へ。「風呂さ」は「風呂に(へ)」ということ。
[さい]
 何か失敗したときや、忘れ物などをしたとき、「さい」と必ず言うのが秋田県人。
[さいね]
 不可能。できない。
[さがさまなって走る]
 元気よく飛び跳ねて遊び回っているさま。
[さがし]
 かしこい。
[ざぎ]
 秋田市土崎のことを、このように略して呼ぶことがある。
[ささる]
 突き刺さる。首を突っ込む。
[ざしざしでぇ]
 (テーブルの上や口の中などが)砂っぽいこと。またはほこりっぽくて不快なさま。
[さしぼ]
 山菜の「いたどり」のこと。
[さど]
 お砂糖。名字の「佐藤さん」も「さどさん」と言われることがある。
[さっきた]
 先ほど。
[さっとご]
 ちょっと。少し。「さっとごばし」とも。
[ざっぱ]
 魚のあらのこと。「あら汁」は「ざっぱ汁」という。「じゃっぱ」とも。
゜[さね]
 しない。やらない。「やね」とも。
[さび]
 寒い。別にどこかにさびがあるわけではないのでさび止め不要(笑)。
[ざふか]
 いい加減、ずさん。ずぼら。
[ざふざふでぇ]
 雪などがシャーベット状に積もってぬかるんで歩きにくいさま。
[さるかやぎ]
 子供などがさわがしくはしゃぎまわっているようす。
[さわす]
 漬け込んでおくこと。
[さんけねご]
 三毛猫。単に「さんけ」ということもある。
[山王]
 「さんのう」と読む。秋田市の官庁街・山王地区のこと。同地区を指す意味と、この区域にある官公庁や公共施設そのものだけを指す意味とがある。

※項目「さ」の先頭に移動
※このページの先頭に移動

[しぇんじぇどする]
 せいせいする。晴れ晴れする。
[じぇんこ]
 金銭。広い意味での「金銭」を指す場合と、小銭に対してお札という意味で用いられる場合とがある。「じぇん」と言うこともある。
[じぇんとり]
 給料取り。仕事。ビジネス。
[しか]
 「さい」と同意。主に北秋田方面で使われる。
[しが]
 氷。
[じがじがどやむ]
 じんじんと痛む。
[しかたがね]
 「しょうがない」という意味のほかに、「申し訳ない」「痛み入ります」「恐縮だ」という場合にも用いられる。
 「コメっこもらってしかだがねごど」と言えば、「お米をいただき、たいへん申し訳ない(恐縮です)」という意味になる。
[しぎふ]
 シーツ。
[じぎなし]
 いくじなし。
[じさま]
 おじいさん。
[じじばば]
 お年寄り。
[しずこ]
 女性ではありません。実は「すじこ」のこと。なぜかしずこ。
[したって]
 だって。でも。しかし。
[したもの]
 そんなもの。「したらもの」と言うこともある。
[じっこ]
 「じさま」と同じ。
[しったげ]
 すごく。「すったげ」「すこたま」とも。
[しったに]
 そんなに。
[じっちゃ]
 これも「おじいさん」の意。
[しっとごだ]
 死にそうだ。
[して]
 (何々)なので。「いでして」は「痛くて(痛いので)」ということ
[しなっと]
 おだやかに。やさしく。そっと。しなやかに。
[しなぷける]
 水分や空気などが抜けて小さくなる。しわしわになる。張りやつやがなくなる。
[しなぶる]
 しゃぶる。
[じなじなでぇ]
 せんべいなどがしけっているさま。
[しね]
 「くたばれ」という意味とよく混同されるが違います。肉などが固くてかみ切れないこと。
[しび]
 方法。やりかた。規則。
[じびぎ]
 事典。辞書。
[自分]
 男鹿方面で「あなた」という意味に使うことがある。
[じゃ]
 (何々)しなさい。(何々)してください。「やめれじゃ」は、「やめなさい(やめてください)」ということ。
[社会の窓]
 ズボンの前ジッパーのこと。
[しゃがまる]
 しゃがむ。
[じゃげなる]
 ふくれる。すねる。
[しゃじ]
 さじ。スプーン。中華料理のれんげ。
[しゃっけ]
 冷たい。「はっけ」とも。
[シャッツ]
 シャツ。「シャッツっこ」とも。
[じゃっぱ]
 「ざっぱ」と同意。
[しゃっぽ]
 帽子。
[じゃっこ]
 小魚。
[じゃっじゃど]
 じゃあじゃあと。
[しゃで]
 弟。「おんぢ」と同意。
[しゃべっちょ]
 おしゃべりなこと。口が軽い。
[しゃべな]
 話すな。
[じゃまくせ]
 邪魔だ。「じゃまくしぇ」とも。
[じゃんご]
 田舎。「在郷」がなまったものと思われる。
[じゃんと]
 でんと。「じゃんとすわる」は「でんとすわる」ということ。
[じゃんばー]
 ジャンパー。ジャケット。
[11]
 日本テレビ系列の秋田放送(ABS)が、11チャンネルで放送していたことから、同系列のテレビ放送を、このように呼ぶ人がいる。
[錠かう]
 鍵をかける。
[じょさねぇ]
 簡単。たやすいこと。
[しょし]
 恥ずかしい。「しょしね」とも。
[しょじゅ]
 焼酎。
[しょっぺ]
 しょっぱい。
[しょゆ]
 おしょうゆ。「しょゆっこ」とも。
[じょろ]
 じょうろ。
[しょわしね]
 うるさい。
[しょんべ]
 尿。
[しょんぼんしゃ]
 消防自動車。
[しょんぼんしょ]
 消防署。
[しらねふり]
 無視。
[じらぁっと]
 堂々と。図々しく。平気で。しらじらしく。
[市立]
 秋田市川元松丘町にある「市立秋田総合病院」の略称として、日常会話で用いられることがある。
[しれ]
 白い。
[しれな]
 白いの。白色をした。
[しんぺ]
 心配。
[じんじ]
 おじいさんのこと。じさま。

※項目「し」の先頭に移動
※このページの先頭に移動

[すが]
 木材のささくれ。とげ。
[すぎでね]
 好きではない。きらい。いやだ。
[すこたま]
 「しったげ」と同意。
[すこもこ]
 のろのろ。ぐずぐず。
[すっけ]
 酸っぱい。発酵しているようすにも用いる。
[すっころぶ]
 転ぶ。「ぶっころぶ」とも。
[すったもの]
 「したもの」と同意。
[すてこ]
 時間的な「ちょっと」という意味。横手方面の言葉。
[すとんぶ]
 ストーブ。暖房。
[ずな]
 (何々)したの?(何々)はすませたの?「まま食ったずな」は、「食事はすませたの?(したの?)」という意味になる。
[すも]
 相撲。
[すもどり]
 おすもうさん。
[すわらさる]
 座る。または、吸う。

※項目「す」の先頭に移動
※このページの先頭に移動

[せ]
 しなさい。
[せな]
 同名の世界的レーサーがいましたが、違います。兄のこと。アイルトン・セナも「お兄さん」だったのでしょうか?
[せめ]
 狭い。「へめ」とも。
[せやみこぎ]
 怠け者。
[せんしぇ]
 先生。

※項目「せ」の先頭に移動
※このページの先頭に移動

[そさ]
 そちらに。「そっちゃ」とも。
[そんけ]
 「こんけ」と同じ。
[そんじ]
 掃除。
[そんたに]
 「しったに」と同じ。「そったに」「そったげ」とも。
[そんま]
 そのうち、まもなく。
[そんり]
 総理大臣。または乗り物の「ソリ」のこと。

※項目「そ」の先頭に移動
※このページの先頭に移動


「秋田弁・か行」に移動
「秋田弁・た行」に移動
「秋田弁大百科辞典」トップページに戻る